• 体の中に光をあてて、医学の未来を切り開く
  • 体の中に光をあてて、医学の未来を切り開く

ご挨拶

ようこそ、東京慈恵会医科大学内視鏡医学講座のホームページへ

このホームページでは、当講座の概要を公開するとともに、受診の方法や診療の特色を、解説しています。また、入局を検討しているレジデントの方々には、当科の研修システムにて説明していますので、ぜひ参考にしてください。

私たちは、“さらに正確かつ苦痛の無い検査を”、“さらに安全で患者さんの体に優しい治療を”提供できるよう日々研鑚を重ねております。
また、当施設は、米国消化器内視鏡学会(ASGE)、 欧州消化器内視鏡学会(ESGE)の関連施設となっており、米国Mayo Clinicをはじめとする海外施設との共同研究や交換留学を行なっております。研究や日々の臨床から新たに得られた知見は、国内外の学会やアカデミックジャーナルにおいて数多く発表してまいりました。 さらに、産学医工連携による新しい医療機器開発にも積極的に取り組んでいます。

プレスリリース

大腸内視鏡病変検出・鑑別診断サポートを行うAIを開発
-"医師と共に在るAI"で、大腸がん死亡率の低下を目指す-

本学内視鏡医学講座 炭山和毅教授らのグループおよびエルピクセル株式会社の研究グループは、大腸内視鏡検査中にリアルタイムでポリープを検出し、その組織診断を予測することが可能な、人工知能技術を用いた検査支援システムを開発しました。
本研究結果は、第95回日本消化器内視鏡学会総会シンポジウム、米国消化器病週間(DDW: Digestive Disease Week)にて発表されましたのでお知らせします。

資料はこちらをクリック↓

メディア掲載紹介

2019/10/23 日経新聞
  ドクターAIは失敗しない
2019/10/14 日経新聞
  AI×画像診断 進化探る
2018/8 がんプラス
  大腸がんの個別化医療 内視鏡検査と診断・治療、初期治療後の経過観察
2017/3/7 zakzak(夕刊フジ)
  胃がんに強い 内視鏡で病変を正確に捉え、早期治療へ

News

2019年度研究業績を掲載いたしました。

診療実績を更新いたしました。

スタッフ紹介を更新いたしました。

Updateを掲載いたしました。

2018年度研究業績を掲載いたしました。

診療実績を更新いたしました。

平成30年10月1日に内視鏡医学講座が開設され、名称が変更となりました。

プレスリリース「大腸内視鏡病変検出・鑑別診断サポートを行うAIを開発-"医師と共に在るAI"で、大腸がん死亡率の低下を目指す-」を掲載いたしました。

「下痢型過敏性腸症候群の方を対象とした腸内フローラに関する臨床試験―参加募集のお知らせ―」を掲載いたしました。

2017年度研究業績を掲載いたしました。

診療実績を更新いたしました。

スタッフ紹介を更新いたしました。

診療実績を更新いたしました。

スタッフ紹介を更新いたしました。

2017年度受賞歴を掲載いたしました。

2016年度研究業績を掲載いたしました。

「入局希望者へ」を更新いたしました。

「スタッフの紹介」を更新いたしました。

先生方への項目に、「葛飾医療センター」「第三病院」「柏病院」を追加いたしました。

「内視鏡医学講座の歴史」を追加いたしました。

先生方への項目に、「附属病院(本院)」を追加いたしました。

教授挨拶を更新いたしました。

患者様への情報に「胃癌の早期発見と内視鏡診断・治療」を追加いたしました。

「スタッフ紹介」を更新いたしました。

「研究実績」を追加いたしました。

患者様への情報に「大腸癌の早期発見と内視鏡診断・治療」を追加いたしました。

患者様への情報に「胆膵疾患癌の早期発見と内視鏡診断・治療」を追加いたしました。

ホームページをリニューアルしました。